小児耳鼻科 はるやま小児科 アレルギー科
診療日カレンダー

※急病の場合は予約せず、まずはお電話ください!
駐車場のご案内
提携駐車場あります。
※駐車台数に限りが有りますので、満車の際はご了承ください。
※盗難、事故等につきましては一切の責任を負いかねます。
当院からのお願い
待合室での院内感染を防ぐ為、当院では隔離室を2部屋ご用意しております。感染症の症状がある時は、受付に申し出てください。
中耳炎を詳しく知る

百日咳の流行

(毎日新聞によりますと)2019年8月13日

 乳児が感染すると死亡する恐れもある百日咳(ひゃくにちぜき)の患者が増え続けている。国立感染症研究所(感染研)が13日、4日までの1週間に新たに231人の患者が報告され、今年の累積報告数は1万110人に達したと発表した。成人がかかった場合は風邪などと見分けることが難しく、感染を広げる可能性もあるため、早めの受診が必要です。

 感染研によると、都道府県別の累積報告数は、東京885人▽福岡652人▽千葉628人▽鹿児島594人▽大阪555人――などが多かった----という記事です。

百日咳の診断方法は遺伝診断の向上により報告数増えております。

当院での経験では、比較的中学生、高校生などが多く長引く咳の時、検査すると、百日咳と診断することがあります。

①赤ちゃんが百日咳のワクチンである4種混合を受けていれば感染しにくいですが、まれにワクチンを受けていても感染することがあります。

②たとえ、DPTワクチンを完全に受けていても、時間の経過とともにワクチンの効果が薄れてくるのでしょう?

③検査は簡単にできます。インフルエンザの検査のようにします。結果は2~3日後です。

④もし家族に患者さんが発症した時はご相談いたしましょう。

2019年8月13日